ボブ・サップ

ボブ・サップ

アメリカ出身のキックボクサー、総合格闘家、プロレスラー。ニックネームはザ・ビースト。

少年時から様々なスポーツに取り組み、高校時で既に115kgという大柄だった。大学はワシントン州シアトルにあるワシントン大学で社会学と薬学を専攻するとともに、アメリカンフットボール部でも活躍。大学には奨学金で入学するほど成績が良く、3年間で特進卒業した。子供の頃から学校の成績はいつもトップクラスだったという。

1997年、NFLのシカゴ・ベアーズにドラフト3巡(全体69位)指名で入団するも、度重なる故障に見舞われ、翌シーズンにミネソタ・バイキングスに移籍。さらにボルチモア・レイブンズへ移籍するも両足のアキレス腱を痛め、負傷前の実力を取り戻すに至らなかったため、2000年に現役続行を断念。代わってアメリカのプロレス団体であるWCWに転向・参戦したが、WCWが倒産したため数試合の出場のみにとどまった。

その後、病院からの遺体搬出のアルバイトをしていたが、同じく元WCWの選手でかつてK-1に参戦していた友人のサム・グレコの紹介でK-1にスカウトされ、2002年、格闘家としてPRIDE、K-1に参戦。試合の際は極めて鋭い表情であり、フットボールの経験を生かした肉弾的な戦いを得意とし、ゴリラを彷彿とさせることから「野獣」「ビースト」といったキャッチコピーを得た。

NFL時代は100mを11秒で走る韋駄天だった。

格闘家として活躍時の体脂肪率は11?13%程度で、筋力維持のため毎日400g程度のプロテインパウダーを摂取しトレーニングに励んでいた。

家族構成は警察官の父親、専業主婦の母、兄、妹、2人の弟がいる。

昔はバーの用心棒をしていた。

一日に7回食事をし、ジュースをピッチャーで一気飲みする。

シアトルに豪邸を持っていて、中にはホームシアターが完備されている。

モーニング娘の卒業メンバーの1人、矢口真里は親友。


選手一覧記事一覧

 

This website is powered by K-1 動画集